タイヤ専門店です。安全は足下から、技術とノウハウに自信あります。カタログには載っていないタイヤの違いも沢山あります。タイヤ選びご相談下さい。

ヒストリー

当店の歩みは国産タイヤの進歩と共にありました。

開業 1967年(昭和43年)8月


当時はまだまだバイアスタイヤが主流でしたが、東名高速道路の開通、自動車の高性能化などによりタイヤの性能向上が求められ、ラジアルタイヤが徐々に普及し始めました。

1970年代


アルミホイルの登場とラジアルタイヤの扁平化が進み始め、タイヤ、ホイルを交換することが自動車チューニング、ドレスアップの第一歩となりました。
自動車は写真のセリカやカリーナなど、タイヤは80や70が主流でした。当時のハイグリップタイヤ、ダンロップのラリーマスターが人気でした。

1980年代


モータースポーツに手が届くようになり、当店でも富士フレッシュマンレース参戦、ジムカーナ大会開催を始めました。

タイヤはメーカーから専用の高性能タイヤが発売され、ダンロップのフォーミュラー、ブリヂストンのポテンザ、ヨコハマのアドバンが登場し、タイムを競いました。扁平率も60が主流となりました。
ブレーキパッドやサスペンション部品も発売されはじめ、自動車のチューニングが一般化しはじめました。

1990年代


タイヤはインチアップが主流となり扁平、幅広化し205/55や225/50などのサイズが登場します。
スターレットやレビン・トレノ、シビックなどモータースポーツに適した自動車が発売され、特にトヨタAE86の大ヒットにより手軽にモータースポーツに参加できるようになりました。

2000年代


タイヤは超扁平となり45や40扁平、ホイルは17~18インチとなります。
自動車もランサーエボリューションやインプレッサなどハイパワー4WDが活躍し、チューニングも駆動系やコンピュータなど多岐にわたり、より高度なものとなります。

東名高速道路 大井松田ICより約10分。小田急線開成駅の近くです。 TEL 0465-82-2794 営業時間 平日・土曜 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日

文字サイズ(a縮小・A拡大)

神奈川県大井松田IC近く、 有限会社 開成タイヤ商会です。

乗用車はもちろん、バイクからフォークリフト、農機具など特殊タイヤまで、タイヤとかかわることならなんでも幅広くサービスをご提供しております。

取り扱いは、ダンロップ、ファルケン、ブリヂストン、ヨコハマ、ミシュラン、ピレリー、グッドイヤー、グットリッチ、その他タイヤメーカー各社。自動車用パーツはオイル、バッテリーから足回り、駆動系、ブレーキ系など各種取り扱っております。

営業時間のご案内

平日・土曜日 午前9時~午後6時
日曜・祝日 午前9時~12時
*所用のため日曜祝日に予告無く休業する場合があります。

価格・商品について

当店ホームページ内の価格・商品は記事等掲載時のもので、販売を保証するものではありません。税率変更やメーカー価格改定、仕様変更、廃盤などにより予告無く変更になる場合が有ります。あらかじめご了承願います。

リンク

チーム かいせい
ドライブラリーなど神奈川県西部ドライブ情報のページ
下島ほっと
下島自治会のWebページ

PAGETOP

Copyrighted Image